<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< またもやいまさら | main | こたえは心の中に >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    まいうぇい

    0
      「純と愛」の週ごとの副題に倣ってタイトルを書いてみたけど、
      「My Way」を「まいうぇい」って書くと、何がなんだか(笑)

      そんなわけで、楽しみにしていた「純と愛」のスピンオフ
      「富士子のかれいな一日」が放送されたので、その感想を。
      今回はBSだったけど、いつか地上波でも放送されるのかな?
      ネタばれ含みなので隠します。長文です。お気をつけて(笑)
      物語の主役は本編でも特に人気の高かった桐野さん。
      桐野さんが40代を迎える、その一日前の24時間のおはなし。

      純がオオサキを去って2年半後が今回の舞台だったのだけれど、
      その間、桐野さんの心を支えてきたのは、きっとオオサキの
      社長になるという純との約束。それが桐野さんの夢でもある。
      そして、そのために奮闘してきたけれど、オオサキを掌握する
      カイザー側の実権は力を増し、旧オオサキからの従業員の
      立案するプランの一つも通してもらえない。
      仕事面の行き詰まりを感じる中、水野くんは千香ちゃんとの
      間に一子をもうけ、桐野さんの職場仲間の新井さんは再婚し、
      同期で友人の音子さんもお見合い相手との結婚がきまる。
      自分の夢に賛同してくれていた仲間たちも、気がつけば
      仕事ばかりではなく、それぞれが「と」の人との幸せも
      見つけていて、仕事一筋なのは自分だけという現状。
      仕事と夢がイコールで繋がる幸せだと信じてきたけれど、
      その生き方が果たして正解なのだろうか…?と思い始めたところに
      昔の彼氏から「大切な話があるから会いたい」と連絡があれば、
      心のエアポケットを不意に突かれて、そりゃあグラグラと
      自分の足場の土台が不安定になるってものです(笑)

      ドラマの主題としては働く女性が「仕事」と「結婚」の狭間で
      心を揺らすというシンプルなものでしたが、必要以上の感情も
      表情も表に出さないミステリアスな桐野さんが、胸の内では
      年齢なりの悩みや葛藤を普通に抱えている姿が新鮮でもあり、
      なんだかとても愛おしかったなー。

      まあ、展開としては仕事のトラブルが重なって、結局元彼とは
      会えずじまい…という、こちらも至ってシンプルなもの(笑)
      でも、それは出来事に流されての会えずじまいというよりは、
      一日の中でトラブルが起こるたび、桐野さんは自分の手で
      「夢」か「結婚」かを選びとっていったということだったんだ
      と思います。そして、それは岐路に立つたびに純が自分で
      歩く道を決めていったのと同じ。
      純の選択は、その都度ドラマティックな大きなものだったけれど、
      桐野さんの場合は一日の中の些細な出来事からの小さな選択。
      人は時には純のような大きな決断を迫られることもあるけれど、
      実際には桐野さんのような小さな選択の積み重ねこそが
      人生を決めていく大切な要素だろうと思うと、桐野さんの
      小さな選択の数々は共感のできるものだったし、決断ができる
      桐野さんはやっぱりかっこええ〜!と惚れ惚れしました。
      あれだよね。自分で選びとっていく強さとか、自分を貫き通す
      不器用な生き方とか、あくまで夢は諦めないところとか、
      やっぱり桐野さんと純は似てると思う。心根が似てる。

      それにしても、「仕事は孤独の相手をしてくれない」と嘆きつつ、
      自分で仕事=夢を選びとっても、なお寂しさに打ちのめされそうな
      桐野さんの下にふと現れた大先元社長が、私にはヒーローに見えた(笑)
      二人が交わした言葉は少なかったけれど、桐野さんの心の中を
      まるで見透かしているかのような大先さんが「きみはホテルとの
      結婚を選んだんだね」とウィンクしたことは、キミの選んだ
      生き方は間違っていないよと暗に言っているようだった。
      そして、桐野さんが折れて倒れてしまいそうな時に
      導かれたように顔を合わせる桐野さんと大先さん。
      ああ、大丈夫だ。生涯つかず離れずでも、桐野さんの「と」の人は
      大先さんに違いない。私はそう確信しました。願望込みで(笑)
      しかし、ヒロシのかっこよさは相変わらず反則級だろー。

      そんなかんじで桐野さんの夢への道は、自らの決断の先に
      まだまだ続くことになりました。
      ラストシーンで「My Way」を歌う桐野さんがこのドラマのすべて。
      周りがどうとか関係なく、人は自分が信じた道をゆけばいい。
      自分で決めること。そして、簡単にあきらめないこと。
      「純と愛」の本編に通じるテーマがスピンオフでもきっちりと
      描かれて、しかも懐かしのオオサキの人たちとも再会できた。
      うん。とても楽しいドラマでした!


      …で、実は感想はもうちょっとだけつづく(笑)

      mitiyo * 純と愛 * 23:51 * comments(6) * - * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 23:51 * - * - * -

        コメント

        良かったですね^ ^。「桐野富士子のかれいな一日」。
        脚本は遊川さんではない、別の方、女性が書かれたものでしたが、本編では「私は迷わない、期待しない、振り返らない…」と言ってた鉄のオンナ、富士子さんの揺れる心が余すところなく描かれていて、同じ働く女性としてグッとくるものがありました。
        突然のトラブルに、冷静沈着な富士子さんが初対面の花嫁に、思わずぶちまけた本音…寂しさ、不安、悲しさが伝わってきましたね。
        たくさんの涙が出た…とかではないけど、放送が終わってもどこか心に引っかかっている。
        案外「すっごく感動しました!」ってドラマってその時は盛り上がるけれど、放送が終わったら忘れていたりします。「純と愛」は本編もそうですが、本当にスルメのようなドラマ、あとからきいてくる、味わい深い、忘れることの出来ないドラマだと思います。
        このドラマは嫌いという方が多いけれど、ドラマが終わって未だに批判投稿をしてくる人々(こんな粘着気質の方々、私としては個人的に苦手だし、こんな人々が集うところには自分のレベルや士気までが下がるので、行ってませんが)の心もしっかり掴んで離していないのではないかと思います(だから彼らは執拗にこだわる)。
        私はこのドラマに魅入られた1人で、このドラマのおかげで、終わってしまった今、長年続けてきた「朝ドラ」の視聴の習慣を断ち切ってしまいました。
        このドラマで夏菜さん、風間さん、吉田さんのファンになりました^ ^。
        Comment by ぷよぷよ @ 2013/04/24 6:21 AM
        桐野さんカッコええわぁ!!!
        うん。とってもおシャレで素敵なドラマでした!^^
        (実は、羊さん所でオンデマンドのお知らせを発見!早速行ってきました/笑)

        しかしウマいなぁNHKさん!と思ったのは、このスピンオフの主人公を本編での人気を
        踏まえて『桐野富士子』にもっていった点です。
        それに、ミチヨさんのおっしゃる通り、本編のテーマもちゃんと踏襲されてましたし。^^
        何より、主人公の誕生日前日の一日にプチ波乱万丈を盛り込みながら、まるで昔の
        外国映画を思わせるような(←自分はそう感じたんですが.../笑)お洒落なドラマに
        仕上げていたところはお見事だなと。

        ラストの純ちゃんとのシーンは、また委ねられた感が拭えませんが(これも踏襲?/笑)
        これまた負けじと妄想していくことに決めました!^^
        Comment by naoyan @ 2013/04/24 9:30 PM
        ミチヨさん、お元気ですか?お知らせ!お知らせです!!
        5月4日の早朝2時過ぎ頃に『純と愛 蔵出しスペシャル』の全国放送決定!!もしかしたら…既にご存知かも知れないけど、さっき知ったので取り急ぎお知らせしたかったのです(笑)
        あー、沖縄→九州と来たのに『蔵出し前線』がなかなか本州に上陸する気配が見えなくてやきもきしていました(笑)
        NHKのHPで確認しました。
        もう日々のロス症状が慢性化してた私は、このニュースで少し元気が出て来ました。久しぶりにこちらに遊びに来ることができて嬉しかったです(^-^)
        Comment by あつ @ 2013/04/24 10:15 PM
        ぷよぷよさん、こんばんは!
        スピンオフ、楽しかったですよね!
        かっこいい桐野さん、年齢と闘う桐野さん、女性らしさや
        ちょっと弱い面を見せる桐野さんなど、いろんな桐野さんの
        姿を堪能できたというだけでも、私には特上ドラマでした(笑)
        洋さんが変わらず、いえ、ますます美しかったです。
        そして、このドラマは働く女性が共感できる部分も多くて、
        働く女性への応援歌でもありましたね。

        >たくさんの涙が出た…とかではないけど、放送が終わってもどこか心に引っかかっている。

        そうですね。「純と愛」本編もスピンオフも
        まさにそんなかんじですね。
        個人的に今回のスピンオフでは、ドラマの主題を
        桐野さんの歌う姿こめたラストシーンは素敵で
        とても心に残っています。

        そして、確かに今でも何かと話題として見かける「純と愛」。
        否の声が未だもって強く残っているのも、良くも悪くも
        「純と愛」に人の感情を乱すものがあったからなのでしょうね。
        終わっても多くの人の記憶に強く刻まれているという点を考えると、
        一つのドラマというものの本質というか、ドラマとしての
        醍醐味があった作品だったのかなと感じます。
        そうそう。私も「純と愛」でこれまで知らなかった俳優さんを
        たくさん好きになれたことは嬉しかったです!
        「純と愛」に出演された方は、これからもきっとずっと
        見かけるたびに嬉しくなって応援しちゃうと思います!
        Comment by ミチヨ @ 2013/04/25 11:13 PM
        naoyanさん、こんばんは!
        おお、オンデマンドでご覧になったんですね!
        無事にスピンオフを観ることができてよかったですね♪

        そうですね。桐野さんは本編放送時からとても人気が
        高い人物だったので、スピンオフに桐野さんのお話を
        もってくるのはお見事だったと思います。
        そして、その期待を裏切らないおもしろさでした!
        贅沢を言えば前後編でもよかったなーとか思っちゃうけど、
        50分という短い時間の中でストーリをうまく纏めていて
        とても観やすかったです。サラッと本編と共通するテーマを
        織り込んでいたのもよかったですよね。

        そして、桐野さんが主役ということで「純と愛」らしさもありつつ、
        本編よりお洒落な演出がほどこされていましたね!
        ジャズテイストな音楽が随所に流れたのも雰囲気があったし、
        naoyanさんの感じた通り、どことなく古い外国映画のような
        お洒落感があったかもしれませんね。

        純と愛くんに関しての感想はつづきにツラツラと書きました(笑)
        あの描き方はまさに本編の踏襲であり、「純と愛」らしさを
        スピンオフでも貫いたなーって思っています。
        純と愛くん二人の未来はそれぞれの中にあると思うので、
        naoyanさんも、ぜひ二人の未来を想像&妄想してくださいね(笑)
        Comment by ミチヨ @ 2013/04/25 11:16 PM
        あつさん、こんばんは!コメントありがとうございます。
        あつさんもお元気でになさってらっしゃるようで嬉しいです!

        そして、お知らせありがとうございます!
        私、情報に人一倍疎いので(笑)、あつさんのコメントで
        「蔵出しスペシャル」の放送のことを初めて知りました。
        うわー、嬉しいですね!真夜中の放送とはいえど、
        「蔵出しスペシャル」をちゃんといろんな地域で蔵出しして
        くれることを決めてくださったNHKさんに感謝感謝です。
        久々に純や愛くんたちに会えると思うとソワソワしますね(笑)

        ええ、私も日々ロス症状をなんとなーく抱えつつ暮らしてるので、
        これは本当に元気が出る情報!総集編とあわせて楽しみが増えました!
        お互いにロス症状仲間のようですが、もうこれは無理に
        消そうとせず、時間に任せてゆっくりとまいりましょう(笑)
        「純と愛」のことで吐き出したい思いが募ってきたら、
        またいつでも遊びにきてくださいね!
        Comment by ミチヨ @ 2013/04/25 11:21 PM
        コメントする









        このページの先頭へ