<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いきる(最終話) | main | 美文字まであと1点だった >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    ちょっとうれしい

    0
      「純と愛」のない日々。
      皆さま、どのようにお過ごしでしょうか?
      「純と愛」が終わってから一週間たったのかと思うと
      つい昨日まで「純と愛」が放送していたような、
      それでいて、「純と愛」が終わってからすでに
      半年くらい過ぎたような、不思議な感覚です(笑)

      そんななか、「純と愛」の余韻を引きずりつつ
      検索の旅をしていたら、ちょっと嬉しい話題が。

      宮古島の観光客過去最高 「純と愛」効果も(沖縄タイムス)

      宮古島の12年度の観光客数が過去最高で、その数には
      「純と愛」の放送の効果もあっただろうという記事です。
      放送中から何かと賛否に晒され、放送が終わった今でも
      ネットの中では否の割合が多く、重苦しい展開も多い
      ドラマだっただけに、ドラマの舞台の一つとなった宮古島に
      良い影響を還元できなかったのでは?という声も聞きますが、
      「純と愛」の地元への好影響が多少なりとも確かにあったと
      いうことを知ることができたのは、「純と愛」スキーな
      私にはちょっと嬉しい小さな出来事でした。
      個人的には大正区の風景をもう少し見たいなあという
      気持ちがあったので、里や編のほとんどが里やのセットで
      終わってしまったのは残念な部分ではありました。
      でも、オオサキ編の頃は綺麗な街の風景が多く出てきて、
      関東近辺に住んでいると大阪はやっぱり道頓堀と通天閣と
      タイガースという印象が強いので、オオサキ編で都会的な
      大阪に触れることができたのは結構新鮮でした。

      「純と愛」の追加の感想を書きたいとかいいながら、
      腑抜けで気抜けになって長々放置してしまいすみません。
      終わってからもあれこれ思うところはあるのですが、
      様々な感想を読んで回ったら、むしろ頭の中で整理整頓が
      できなくなり、いろんな思いを頭の中で反芻している最近です。
      いや、なんというか終わってからの方が後をひく、
      スルメみたいなドラマですね「純と愛」は(笑)

      mitiyo * 純と愛 * 22:25 * comments(8) * - * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 22:25 * - * - * -

        コメント

        お久しぶりです(*^_^*)「いめーじそんぐ」のコメント以来ご無沙汰してますm(_ _)m「純と愛」が終わって日に日に寂しさが募っております(;_;)昨年の10月に始まった頃は毎日(日曜日以外)風間君を観れる事に慣れ過ぎないようにと構えてたのですが、しっかり、どっぷりと嵌まってしまい、、、


        もう喪失感ハンパないです(゚o゚;
        基本お茶の間ファンなので風間君が少しでもTV出演するとかの情報や今回は舞台だけの情報かぁなど一喜一憂していた頃に戻れません(>_<)その頃に比べれば沢山の雑誌や(しかも表紙が何冊も)TV出演情報も!!
        贅沢病ですよね(^。^;)


        Comment by 楓 @ 2013/04/09 9:43 PM
        こんばんは、『純と愛』スキーです(笑)ミチヨさんの文体から春を感じます。お元気になられたようで安心しました。
        ここ1週間くらい『純と愛』に関するブログやツイッターを検索して、たくさん読みあさりましたし、沖縄のイベントでの風間さんのコメントにジュークボックスの解釈が同じことを喜んだり、沖縄でだけ放送された『純と愛 蔵出しスペシャル』という番組を知り、『あー、見たいよぉー!』と、いてもたってもいられない気持ちになったり…好きだったいろんなシーンを思い出したり…自分がかなりのオタク気質だったことに気づいた1週間でした(笑)
        『あまちゃん』は今のところリラックスして観ています。…が、設定が2008年なので、体のどこかに時限爆弾をしかけられている気がします。3年経ったら地震に津波…原発です。
        『純と愛』は乗り越えていくドラマだったけど、『あまちゃん』は、そこまでやる設定かどうか知らないけど、進む先に『2011年』が待っています。それを意識すると途端に怖くなります。『じぇじえ!?』では終われないでしょう?
        うむむ………。

        ミチヨさんは『純と愛』でどのシーンが好きでしたか?私は144話のシーンとか…、アパートで純と愛くんが猫みたいな手つきでカチャーシーを踊ってたシーンとか(「あー、2人をガラスケースに入れてずっと見ていたい!可愛い!」なんて思って見てたなぁ…)、いろいろありすぎて選べませんが(笑) 本当にあんまりにも主人公の2人が恋しくて参ってしまいます(笑)
        Comment by あつ @ 2013/04/09 10:03 PM
        はじめまして・・・。私も「純と愛」の大ファンでした。最後のスルメみたいなドラマですねというところに過剰に反応してしまいました。ちょっとすねてる愛君、好きでした。
        Comment by パリっこ @ 2013/04/10 9:54 AM
        あまちゃん、は見ていないので、
        朝は暇になりました。

        私は関西人なので、
        大阪の風景にはあまりこだわりませんでした。
        頭の中にすでにインプットされています(笑)

        そういう点で言えば、
        関西弁については、
        善行さんは、
        大阪弁ではなかったです。
        私は親が博多なので、
        九州弁に聞こえましたね。

        好きなシーン。
        純さんが愛くんを後ろから抱きしめて眠るところかな?


        なにげに、
        愛くんが純さんの手を握ってるとか、
        純さんが愛くんの手を握ったりとか、
        それは演出かどうかわからないのですが、
        互いが必要としているということを感じさせてくれる、
        なんだか安心できるところでした。
        それは言葉よりなにより、
        いいなあ、と思いました。

        ああいう些細なシーンにうるうるします。

        Comment by ねまま @ 2013/04/10 10:41 AM
        楓さん、お久しぶりです!
        おお、「いめーじそんぐ」。純と愛の感想以外の
        脱線した話題でおそるおそる書いてアップしたので、
        コメントを頂けたことが嬉しかったことを思い出します!

        「純と愛」は風間ファンとしては本当に贅沢なドラマでしたね。
        始まる前はヒロインの相手役といえど出番はそこそこかなと
        考えていた予想が嬉しい方に裏切られ、まさか1回目から
        最終話まですべての回に愛くんの出番があったとは!
        毎日当たり前のように風間くんの姿を見ることができていた
        時間が終わり、改めて特別な半年間だったなと感じています。

        そして、確かに一昔前に比べると、風間くんをテレビや
        雑誌で目にする機会が増えていることに喜びを隠せない最近。
        特に雑誌!なんかもう、こんなに風間くんが表紙を
        飾ってくれる時代がくるなんて想像が尽きませんでした。
        今日も、TV Brosの表紙と風間くんのインタビューに
        ホクホクして帰ってまいりました(笑)
        贅沢かもしれないけど、この良い流れを持続していって
        もらえたらとても嬉しいですよね!
        Comment by ミチヨ @ 2013/04/10 10:46 PM
        「純と愛」スキーなあつさん、いらっしゃいませ(笑)
        はいー、私も本当にたくさん感想を読み漁りました。
        そして、否定されている意見にへこんだり、
        反対に共感できる感想なども目にして喜んだり、
        感情的には忙しい一週間だったかもしれません(笑)
        『純と愛 蔵出しスペシャル』は羨ましすぎですよね!
        いつか深夜枠でひっそりとでもいいから、全国放送で
        流してくれないかなと願わずにはいられません。

        「純と愛」の好きな場面はありすぎて困りますが、
        特に好きなのはベタなところでは愛くんの歴代首相の
        暗記披露とダンス披露かな(笑)
        後は、純と愛くんの初デートが結構好きですねえ。
        ハート型のお好み焼きとか、純のワンピース姿を見て
        喜ぶ愛くんが可愛くて、何度も見返したものです。
        あつさんの好きなシーンはかなりマニアックなかんじですね(笑)
        しかも144話と話数をしっかり覚えてらっしゃるところに、
        あつさんの「純と愛」スキーをヒシヒシと感じます。
        144話。どんなんだったか見返そう(笑)

        「あまちゃん」は軽妙なテンポとほのぼのとした
        登場人物たちで、気軽に観られる朝ドラですよね。
        後々には震災も扱われるようですが、今のほっこりとした
        雰囲気に震災をどのように織り込むのか、デリケートな
        題材だけにクドカンさんの腕のみせどころになりそうですね。
        Comment by ミチヨ @ 2013/04/10 10:48 PM
        パリっこさん、はじめまして!
        コメントありがとうございます!

        私も本当に好きです「純と愛」。
        そして、それは不思議なことに終わってからの方が
        強くなってきた感情だったりします。
        なんか、一日の中でふと「純と愛」のことを
        思い返したりして、こんなふうに放送が終わってから
        いろいろ考えたくなるドラマはなかなかないと思います。
        ほんと、後をひくドラマですね。スルメドラマです(笑)

        ちょっとすねている愛くん。言葉の雰囲気だけで素敵(笑)
        最初の頃の臆病に生きていた愛くんも、純と生きるように
        なってからの人間くさくなってきた愛くんも、どんな時の
        どんな愛くんも愛おしかったなと思うと、
        今更胸がジーンとします(笑)
        Comment by ミチヨ @ 2013/04/10 10:51 PM
        ねままさん、私も「純と愛」のように「あまちゃん」を
        二度見したりすることはないので、そういう意味では
        若干時間に余裕ができました(笑)
        「あまちゃん」は能年さんが往年の広末涼子さんの
        雰囲気に似ているなと思いながら見ています。

        ねままさんは関西にお住まいなんですね。
        私は東京に近い田舎に住んでいるのですが、
        こちらのテレビだと関西の情報ってわりと少ないんです。
        だから、関西の街の風景というのが案外思い浮かばなくて、
        「純と愛」での綺麗な街並みを見ていたら、大阪が東京に
        劣らない近代的大都会だと気がついた…という不思議な
        かんじだったんです。私の母などオオサキ編の頃は背景の
        街を見て、「綺麗ね〜。横浜?」と言ったくらいです(笑)

        善行さんの関西弁はしっくりこなかったという
        意見はたくさん目にしましたね(笑)
        私は、関西弁に触れる機会もあまりないもので
        特に違和感を感じることもなく観れたんですが、
        やはり関西の方が聞くとしっくりこなかったん
        だろうなと推察します。方言が曖昧な扱いだった
        ドラマの中で、鉄矢さんの台詞回しだけ関西弁だった
        ところは大変だったでしょうね(笑)

        純と愛くんの手による繋がりを描くシーンはよかったですよね!
        というか、キスシーンや抱きしめあうシーンがなくても
        二人が手を絡めあうシーンは、いつでも妙に色気があるなあと
        思いながら観ていました。
        些細なシーンって素敵ですよね。心の微細な動きが感じ取れる
        小さな場面には切なさもあって、本当にうるうるときます。
        Comment by ミチヨ @ 2013/04/10 10:56 PM
        コメントする









        このページの先頭へ