<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いきる(148話) | main | いきる(150話) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    いきる(149話)

    0
      「ねむりひめ」になぞらえて、最後は純のキスで
      愛くんは目覚めるかもしれない…と匂わせつつ、
      「若者たち」の歌詞で愛くんが目覚めない結末も匂わせる。
      そのたびに、愛くんは生きてくれる!
      いや、やっぱり目覚めないんじゃないのかな…。
      と、気持ちがシーソーみたいに上がったり下がったり(笑)


      今日は、オオサキの人たちとサトさんたちの
      それぞれの近況報告。
      水野くんと千香ちゃんは婚約!これは嬉しい!
      まあ、本音を言うと、その報告だけに終わらずに
      婚約までの過程をドラマの中で見たかったなーと思う。
      サトさんとセニョールさんも結婚していた!
      しかし、里やの火事から今日までって数ヶ月くらいしか
      経過してないような?なんというスピード婚なんでしょう(笑)
      そして、大先社長と桐野さんは…進展なし(笑)
      でも、仲良く一緒に宮古島へ来たり、再三社長が桐野さんに
      アプローチしているのを見ていたら、いつかはもしかしたら
      …と期待できそうな雰囲気でしたね。
      狩野家も待田家も含め、それぞれが自分の居場所や
      生きかたを見つけて幸せになれそうなことは嬉しくもあり、
      粛々と終わりに向けての準備が整っているのが寂しくもあり。

      そして、最後はやはり純と愛と、純のホテルがどうなるか。
      純と深く関わってきた仲間たちは、やはり純にホテルを、
      魔法の国をつくってほしいと願うけれど、愛くんがいなければ
      魔法の国が完成することはないからと、期待に添えない純の葛藤。
      純の魔法の国は、純の精神的な部分と深く結びついている
      ものだから、今の純にとっては愛くんが隣にいるならば、
      それこそ大正区のあの小さなアパートの一室でさえ
      魔法の国になるんだろうと思います。愛する人と生きてゆける
      場所こそが、今の純の魔法の国ということなのかなと。
      でも、それだけだと、やっぱり純が純でいられるということは
      ないんだろうな。愛くんを大切にしている純は素敵だけど、
      愛くんだけを思って殻に閉じこもって生きていくのなら、
      それはきっともう純ではなくなるのだろうと思います。
      愛くんにだけ留まらず、たくさんの人を幸せにしたいと願う
      気持ちこそが純の「そのまま」であり、それが愛くんが
      大好きな純でもあると思うから。
      そして、そんな純の思いや願いが純のホテルにはつまって
      いることを知っているから、みんな純にホテルを再開して
      ほしいと願うのじゃないかなーと、勝手に推察してみます(笑)

      でも、過酷な状況には何ら変わりはなく。
      今純に必要なのは、立ち上がるための時間なんじゃないのかな。

      ------------------------------------------------------------

      【本日のツボと少クラプレミアム】

      千香ちゃんの肩を抱く水野くんと寄り添う千香ちゃんの
      身長差がすごいことに!これも一種のギャップ萌え(笑)

      そして、風間くん出演の「少クラプレミアム」。
      ものすごくよかった!ものすごく聴き応えがありました。
      あんなふうにゲストの内面を引き出せるのは、太一くんの
      腕と人柄なんだろうな。
      「純と愛」には直接関係ない話題なので、また後日、
      ドラマが終わった後にでもこちらの感想も書けたらいいな。
      まあ、あくまでも書けたら…ですが(笑)

      mitiyo * 純と愛 * 22:06 * comments(4) * - * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 22:06 * - * - * -

        コメント

        こんにちは
        今週は毎日のように号泣してます(>_<)
        若者たちで泣ける日が来るとは思わなかったです。
        しかし、今朝(金曜)の純との絡みでの森下愛子さんは、気持ちはわかるけど、ちょっと頑張って涙こらえてほしかったかなー(^-^;
        夏菜さんの演技がよかっただけに、すごく残念でした。泣いたけど。
        ここにきて、夏菜さんがどんなベテランの役者さんたちより芝居が輝いて見えてきました。
        最終回早く見たいけどさびしすぎる(T_T)
        Comment by まきまき @ 2013/03/29 3:29 PM
        今日はちょっと泣いてしまいました。
        純さんはもう「夏菜」じゃなくて、純さんそのもの。
        晴海さんの方を抱きしめて泣く純さんに、
        感情移入しちゃいました。

        メモリアルブックには結末は書いていなかったので、
        明日どうなることか。

        私は愛くんは眠ったままなんだと思います。
        それで終わり。
        私たちが、私たちの心の中で、
        自分自身で、純と愛という二人の物語を作るんですよ。

        というのが、
        私たちに課せられた最後のメッセージ?

        どんな物語を作っていくかは
        私たちそれぞれのこれからの生きる姿に託されたような気がします。

        おとぎ話はいつも「幸せに暮らしましたとさ」で終わります。
        でも現実は、そこからもまた、
        いろいろな苦難や喜びを伴って進んでいくんだという新しいスタートで終わるのではないでしょうか。

        壮大な結末ではありませんか?
        明日が楽しみです。

        しかしながら、
        明日は早くに出かけなくてはならず、
        見られませんが、
        見た暁には、
        必ずまた感想を書きますので。

        ミチヨさんラスト1回頑張ってブログ書いてください。
        そして、見も知らない私にコメントもありがとうございます。

        Comment by ねまま @ 2013/03/29 9:45 PM
        まきまきさん、こんにちは!
        もう、今週は毎日純が泣いていて、それを観るたびに
        私も胸が締めつけられるような気分でいます。
        「若者たち」は、まあ、なんと今の純にぴったりの曲かと、
        そのリンクぶりに感心させられるのと共に泣かされました。

        夏菜ちゃんは、もう本当にずーっと大変な思いの中で
        純を演じてきただろうと思うけれど、特に最近のシーンを
        撮影している時の精神の削り方は半端なかったんじゃないか。
        そう感じるほどの熱演ですよね。若い女優さんですから、
        このドラマからたくさんのものを得て、この先羽ばたいて
        いってくれるんじゃないかなと期待しています。
        森下さんも前半はダメな母親、後半は認知症を抱える役で、
        精神的に大変だったと思います。以前、旦那さんの拓郎さんが、
        撮影中の森下さんが役を私生活でも引きずって大変そうだったと
        ラジオで話してらっしゃいました。
        きっと、それだけに森下さんにも純と二人の最後の場面に
        感じるところがたくさんあったのかな。
        本当に、「純と愛」の俳優さんすべてにお礼を言いたい気分です。

        最終回は、早く観たい。でも、終わらないでほしい。
        本当に複雑な気分(笑)
        今は、まだスピンオフがある!というのが支えです(笑)
        Comment by ミチヨ @ 2013/03/29 10:21 PM
        ねままさん、こんばんは!
        そうですね。今日まで観てくると、純はけして
        夏菜ちゃんではなく、夏菜ちゃんが魂をこめて
        作り上げた待田純として画面の中に存在していると感じ、
        今は、純が夏菜ちゃんでよかったなと本当に思います。
        純という役を離れた、これからの夏菜ちゃんの活躍も
        楽しみです!

        ラストは本当にどうなるんでしょうか?
        今週の中で愛くんが目を覚ます伏線も、目を覚まさない
        伏線も描かれていますから、どちらになったとしても
        不思議ないですよね。
        そして、もしかしたら、愛くんの結末はハッキリとは
        描かれず、ねままさんが推察されているように、
        その後は視聴者それぞれに委ねられる…という終わり方も
        あるかもしれません。

        そして、おとぎ話をはじめ物語がハッピーエンドを迎えて
        終わっても、確かにそれで登場人物たちの人生は完結する
        わけじゃないんですよね。物語の終わりは再スタートでもある
        …ということですね。
        「純と愛」も最終回でありながら、新たなスタートラインを
        感じさせてくれるものなのかもしれませんね。
        うん、そう考えると壮大だなーと思います!

        最終回後のねままさんの感想、楽しみにしています!
        私も、あと一回で感想を書き終えるのかと思うと、
        なんだか感慨深いものがあります。
        こちらこそ、いつも私の感想を読んで頂き、コメントを
        頂けたことを感謝しています!
        とはいうものの、私も明日は予定があって、明日中に
        最終回の感想が書けないかもしれないんですが…(笑)
        Comment by ミチヨ @ 2013/03/29 10:45 PM
        コメントする









        このページの先頭へ