<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おしらせ | main | いきる(146話) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    あいしてる(145話)

    0
      手術は終わったものの、愛くんの意識は戻らず。
      目が覚めるのは明日かもしれないし、十日後かも
      しれないし、一年先のことかもしれない。
      そして、もしかしたらこのまま目が覚めることは
      ないかもしれない…。

      「ねむりひめ」という絵本が、最後の最後になって
      愛くんの病に重なってくるとは露ほども思わず。
      物語の中、ねむりひめは王子さまのキスで目が覚めるし、
      「純と愛」のオープニングでもお姫さまは王子さまの
      キスでパチリと目を覚ますし、純がここに至るまでに
      いろんなものを失ってきた中、里やのあの火事の中でも
      ねむりひめの絵本が奇跡的に失われなかったことは、
      きっと愛くんが死なないということを予知しているんだと、
      そんな希望的観測ばかりを考えてしまいます(笑)

      そして、目覚めない愛くんの前で寄り添い励ましあう
      多恵子さんと純を見ていたら、待田家は待田純という人を
      一度失ったけれど、純の存在によって再び待田純という人を
      取り戻したように思えたんです。それは、待田純という
      名前の問題だけじゃなく、純くんと純が一つになって、
      今の待田純になったというか…。うまく書けないけれど、
      そんな気がしました。だからこそ、せっかく家族の中に
      待田純が帰ってきたのに、今度は待田愛が家族の中から
      いなくなるかもしれないということが辛すぎる…。

      台風によって、またもやサザンアイランドが痛手を
      受けることは薄々予感していたけど、まさかあんなに
      めちゃくちゃになるとは…と、思わずお口あんぐり。
      純と愛が拘り続けたジュークボックスまで見事に壊され、
      遊川さんは最後まで遊川さん。ある意味見事に自分を
      持たれている方なんだと改めて思わされました(笑)
      それでも、やっぱり結構ショックだったよ…(笑)


      さて、いよいよ泣いても笑ってもラスト一週。
      泣いても笑えるような結末が待っていてほしいと願います。
      実は昨日まで終わるっていう実感があまり持てなかったんだけど、
      予告の登場人物再集結を見たら、突然終わりが現実として
      見えてきて…。あー、やっぱり寂しいですね!

      mitiyo * 純と愛 * 15:26 * comments(4) * - * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 15:26 * - * - * -

        コメント

        ミチヨさん、こんにちは。
        先週はつらくてつらくて‥今まではどんなにつらい話の展開でも、基本人間讃歌、人生讃歌というのと、基本コメディータッチというのに救われてどっぷりと感情移入しながら見続けられてきたのですが、コメディー風味が消えた先週はもうはりつめていた糸が切れた感じで、ふわふわとながめるだけになってしまいました(純に感情移入すると、己の精神力が持ちそうもなかったので‥)。
        でも、そうか‥。「ねむりひめ」‥。愛くんは死なないんだ、純のキスでめざめるんだ! そう信じることに決めて、あと1週間、おそるおそる見届けたいと思います!(結末が違ってたら、倒れると思う‥)
        Comment by はな @ 2013/03/25 6:07 AM
        思うことはたくさんあるのですが、
        最終回を見たあと、
        (まだ、ここ残してくださいね)
        いっきに長くミチヨさんに聞いていただこうと思います。

        最後はどんな結末にせよ、
        強く明るく生きる純さんで終わると思います。


        予想は、
        私はありがちな展開には絶対しないので、
        多分悲しいことになるでしょう。
        あるいは、悲しいことを予想させる・・くらいで、
        想像にお任せします、
        なのかもしれない。
        私は、老の年代になりかけで、
        死は割と受け入れられます。


        この世には不完全な人間しかいない。
        でも、支えあって生きる。
        どんなことがあっても、あきらめない。
        信じて、愛して、
        自分の思いを伝える努力をしましょう。
        そして、生きる。

        このドラマは、
        とても深いものでしたよ。
        風間くんにも会えたし♪





        Comment by ねまま @ 2013/03/25 7:04 AM
        はなさん、こんにちは!
        先週は辛かったですね。そして、今日も輪をかけて辛かった…(笑)
        そうですね。このドラマって基本は全体的に壮大かつ重いテーマを
        扱っているのだけれど、アップテンポさとコメディータッチな
        要素を含めることで、重さが緩和されてきた部分ありますもんね。
        その緩和していた要素を取り払ってしまうと、全面的に重さが
        主張してくるので、観ている方にもしんどいものが出てきますよね。
        今週もたぶんあまりコメディー要素はないだろうと思うけれど、
        その分、オオサキの仲間たちや里やの仲間たちの登場に
        救われるんじゃないかなって気がします。
        口惜しいのは、再開の輪の中に愛くんが入れないことですけど…。

        正直ね、私は愛くんが目覚めるのか目覚めないのか半信半疑です。
        普通なら愛くんが奇跡的に目覚めてハッピーエンドという
        流れになると思うけど、これまでの「純と愛」を観てきたら、
        そういう流れにならないこともあるなーとは思ったり。
        でも、基本的には愛くんの生きてほしいし…。
        自分の中にもいろんな思いがごちゃ混ぜになって存在しています。
        だからこそ、どんな結末であっても納得ができるもの、
        希望が残るものであってほしいなと願ってます。
        最後の最後をはなさんがどんなふうに捉えたのか、
        ぜひまた聞かせてくださいね!
        Comment by ミチヨ @ 2013/03/25 10:39 PM
        ねままさん、「純と愛」が終わってからのこのブログを
        どうするのかはまだ考えてないんですが当面は残します。
        4月にはスピンオフもありますしね!
        元々私はマメとは正反対の性分なので、ドラマが終わったら
        今までのようには更新はできないと思うんですが、それでも、
        ドラマが終わってからも感想や風間くんのお話しなど、
        語りたりないことがあったらいつでもコメントください!

        「純と愛」の最終回。愛くんがどうなるのか。
        本当に想像がつきません。それだけに落ち着かない気分(笑)
        でも、ねままさんの仰るように単純ではないだろうなと。
        たとえハッピーエンドではあっても、そこに愛くんが
        いるのかはわからない。そんな終わり方かもしれないと
        一応覚悟はしています(笑)。そうそう、想像にお任せと
        いうのも十分にありそうですよね(笑)
        いろんな思いはあるんですが、一つだけ望むとしたら、
        純と愛の物語がどんな結末を迎えても、そこに希望の蕾が
        残るような、そんな終わり方であってほしいということです。
        あとは、ねままさんに風間くんの活躍を見守って頂けるよう、
        少しでも早く次のドラマが決まってほしいとも願うかな(笑)

        >この世には不完全な人間しかいない。
        >でも、支えあって生きる。
        >どんなことがあっても、あきらめない。
        >信じて、愛して、
        >自分の思いを伝える努力をしましょう。
        >そして、生きる

        これが、このドラマのすべてだと私も思います。
        副題も「いきる」というストレートさで終わるのが、
        なんだかすごいです
        あ、女医さんは指摘されて初めて気がつきました!
        最後まで、この逆転も貫いたわけですね!
        Comment by ミチヨ @ 2013/03/25 10:42 PM
        コメントする









        このページの先頭へ