<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あいしてる(144話) | main | あいしてる(145話) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    おしらせ

    0
      今日はまだ「純と愛」を観れておらず、
      しかもたぶん今日中には観られないと思うので、
      今日の感想は明日アップします。


      mitiyo * その他 * 16:13 * comments(3) * - * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 16:13 * - * - * -

        コメント

        細かい指摘を(笑

        愛くんの担当医が女の先生ですね。
        フツーは威厳ありそうな男の先生だと思うけど、
        ここが、純と愛。
        しっかりした女医さん!!!!

        男女逆転の意味も、
        また置くが深い。

        女性への賛歌ではなく、
        本当の意味での、
        女性と男性の同権とはなにか?も、
        考えるところだと思います。

        Comment by ねまま @ 2013/03/25 8:06 AM
        こっちにこそっと思ったことを。

        昨日、
        純さんが「赤ちゃん作っとけばよかったかな」
        と愛くんの手を握っていたこと。
        勇気ちゃんがはいはいしたこと。

        ああ・・人の命のつながりというか・・・
        そういうものも含んでいるのだろうかと思いました。

        それと、今日の朝日新聞に、
        純と愛の何人かの方の感想が書かれていました。
        批判的なものもありましたが・・・。

        だんだんドラマの奥を見るようになって、
        ここにも何かメッセージがあるのでは?
        とかんぐってしまうので、
        なかなかストーリー自体に、
        入り込めない!!!!

        ラストについて、
        「希望」をあたえる内容になるのでは?と書かれていて、
        そうだ、フツーはそう考えて見るんですよね。

        どうも、、、、6ヶ月、
        フツーじゃない見方をしてきたせいでしょうか。

        愛くんがねむりからさめないまま、
        終わる、というのも、
        「希望」で、ありなのかな。


        ドラマが終わってもいないのに、
        純のその後が時々見たいですね。

        晴海さん、
        童女のようにかわいらしいです。

        いやなところばかり見せられたのに、
        みんな素敵な人たちばっかりで、
        その素敵は、
        自分のいやなところや、弱いところを知った人だからかな?と思います。

        それが「ありのままの自分」なんだろうなあ・・・。
        語ると長い・・しつれいしました!
        Comment by ねまま @ 2013/03/26 7:36 AM
        純が「赤ちゃんを作っておけば」といったことには
        きっといろんな意味が含まれていたのではと思います。
        単純に愛する人を失うかもしれない状況になって、
        愛する人との愛の証しを残しておきたかったという
        感情の流れもあると思うし、ねままさんの仰るように、
        生命の繋がり、生命を紡いでいくことなんかも、
        意味合いとしてこめられているのかもしれませんね。
        このドラマは、一つの出来事にも幾つかの方向性から
        感じ取れる部分があるので、同じ場面でも人によって
        まったく違った見方ができる…というのが、面白さの
        一つかなとずっと感じてきました。
        批判もね、ある程度は理解できなくはないんですけどね(笑)
        それはもう、本当に人それぞれだと思います。

        希望がある終わり方というのも、いろんな描き方が
        ありますよね。それはすべてが丸く収まって、
        まさに希望に溢れて…という終わり方もありますし、
        一見希望がないような状況でも、そんな中に微かな
        芽吹きみたいなものが感じられるのも、一つの希望のある
        終わり方だと思います。そういった意味では、破壊しつくされた
        大地にも小さな木の芽が芽吹く…という「風の谷のナウシカ」の
        ラストシーンは、私は好きなんですよ。
        もしかしたら、「純と愛」もそんな終わり方かもしれないと
        思ったりもしています。

        晴海さん、今は童女であり、どこか天使のようでもあり、
        本当に可愛らしいですよね。
        私は元々どの登場人物にもそんなに嫌悪感みたいなものは
        なかったので、自分の弱いところを認め、ありのままの
        自分とまっすぐ付き合っていこうとしている今の「純と愛」の
        人たちは、ますます好きなっています!

        こちらこそ、いつも長々としたお返事ですみません(笑)
        Comment by ミチヨ @ 2013/03/26 10:13 PM
        コメントする









        このページの先頭へ