<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あいしてる(142話) | main | あいしてる(144話) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    あいしてる(143話)

    0
      物語上の必要に迫られてとはいえ、ドラマの中で
      断髪式があるというのは、なかなかヒヤヒヤ…、
      いえ、ドキドキするものですね。
      まあ、今回は「あさイチ」「スタジオパーク」等で
      事前に短髪のお披露目があったのでよかったですけれど、
      もし何も知らずにあの散髪シーンを目にすることに
      なっていたら、画面の前で倒れていたと思います(笑)


      一時帰宅でサザンアイランドに戻ってきた愛くんは
      最終研修という名目の元、実質新サザンアイランド
      一人目のお客様に。そうして、ホテルのサービスを
      受けることで、愛くんはホテルの人たちと待田家の
      人たちと、それぞれ時間を持つことに。

      羽純ちゃんには、純と友達になってくれてありがとう。
      アユミさんには、時には純に厳しく接してあげてほしい。
      正には、正が正だったから純はここまでやってこれた。
      剛には、ちょっと義兄らしく恋愛アドバイス。
      マリヤさんには、自分のレシピを完成させてくれたことに
      お礼を言いつつ、これからはマリヤさん自身のメニューを
      作っていってほしい…と。

      そんなふうに愛くんがそれぞれに語りかけた言葉は、
      まるで…、遺言。そんなふうに聞こえました。
      きっと、無理を言って一時帰宅を強行したのも、
      家族たちに一人一人言葉をのこしたのも、愛くんが
      心の中では死を意識していたからなのでしょうね。
      それは、諦めというより決意であるようにも見えました。
      自分が戻ってこれなかった時のために何を残せるか…という。

      ただ、冷静な決意の中で死ぬかもしれないということへの
      準備をしていた愛くんが、自分を認知できない晴海さんに
      第三者を装って言った「すぐに戻ってくる」という言葉こそが、
      愛くんの本音なんだろうと感じました。
      戻ってきたい。生きたい。それが、愛くんの本当の気持ち。
      冷静にふるまう態度の底には、やっぱり死への恐怖と
      生への願いがあるんだなとわかり、とても胸が痛くなりました。
      そして、ふと思ったんです。もしかしたら今日が「純と愛」での
      風間くんのお芝居の見納めなんじゃないのかな…と。
      いえ、けして愛くんが死ぬとかそういうのじゃなくて、
      でも、なんだかわからないけれどそんな気がしてしまった。
      そうじゃないといいんだけれど…(笑)

      --------------------------------------------------------------

      【本日のツボ】

      やっぱり短髪になった愛くんでしょう!
      ファンとしても、こんなに風間くんの目とデコが
      ちゃんと見れる髪形って過去にあまり記憶にないかも(笑)
      そういえば、サザンアイランドのベッドカバーは愛くんの
      デザインだっていってたけど、愛くんの感性はなんとも乙女。
      あのデザインを見たら、やっぱり「愛ちゃん」と呼びたくなる(笑)

      mitiyo * 純と愛 * 22:37 * comments(2) * - * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 22:37 * - * - * -

        コメント

        こんにちは、またお邪魔します。
        すでに144話も観た後なので、ここにコメントしてよいものか若干迷いつつ・・。この2日間の愛くん(っていうより風間くんというべきか・・特に144話の長回し)を見て、ずっと風間くんの応援を続けてきてよかったとしみじみ思いましたよ。やっぱり、愛くんの役は他の誰にもできなかったんじゃないかしら。

        ストーリーに言いたいことはたくさんあるし、「ここは編集上カットされてる?」と思われる残念な場面が多々ありつつも、小出しにされてきたエピソードがここにきて回収されていく様子は見事と思います。なんだか中編の小説を読む感じにも似ている気がしています。そして、脚本家も俳優もここに辿り着くにはある種覚悟がいるんだな、と感じ入るこの頃です。

        それでもこの展開はどうなの!?もういい加減二人を楽にしてやってよ!・・と思いますけどね。うちの娘などはもう疲れたらしく、「もう、いかにも朝ドラの予定調和的展開でいいよ」とか言って、白旗あげて投降する寸前です。

        セクシーさん改めあゆみさんとの散髪シーンには思わず見入っちゃいました。あゆみさん、強くなってますます綺麗ですね。「こんなことをお願いできるのはあゆみさんしかいない」っていう愛くんのセリフ、その通りだと思いました。宝塚にもテレビドラマにも疎いわたくし、映美くららさんをまったく知らなかったのですが、とっても素敵な方ですね。

        さて、某シネマ誌の風間くんのインタビュー(「ペタルダンス)関連)、読まれましたか?短髪だけど愛くんではない風間くんがそこにいて、相変わらず・・っていうかいつもよりさらに楽しそうに喋ってました。「ホントにこのお仕事が好きなんだなー、おばさんも引き続き地味に応援するからねっ♪映画観るからねっ♪」と思ったのでした。
        でもその前に「純と愛」ですね!
        納得の結末が用意されていますように!
        思いつくままに、とりとめのない文章になってしまってごめんなさいです。
        Comment by りら @ 2013/03/22 6:08 PM
        りらさん、こんばんは!
        今日の感想は今日の記事に書きたいと思われるところを、
        私の更新時間にあわせて、コメントを昨日の記事に書いて
        頂くことになってしまっていてすみません。
        私としては昨日の記事に今日の感想でも全然大丈夫なのですが、
        お気を遣って頂いてしまってますよね。

        今日の風間くんのお芝居、本当に素敵でしたね。
        たぶん、愛くん的には最後の見せ場だったのかなと思いますが、
        九ヶ月ほどをかけて演じてきた愛くんの完成というか、
        集大成を見せてもらったような気持ちがします。
        そして、愛くんが風間くんにしか演じることができなかったで
        あろうと同時に、純も夏菜ちゃんでよかったなと思いました。
        キャリアがそんなに長いわけでもない夏菜ちゃんには、
        純を演じることは相当な負担だったと思うけれど、ドラマが
        始まった頃よりも夏菜ちゃんのお芝居もグッと良くなったと感じます。
        そして、今日の二人のお芝居にはお互いへの信頼感みたいなものを
        感じることができて、それも素敵でした。

        りらさんの娘さんの気持ち、わかるところもあります(笑)
        「純と愛」は今日に至るまで幸せになれるかな?と思うと
        またまた試練が…みたいな展開の繰り返しでしたからね(笑)
        基本的には好きなドラマですが、いろんな意味で視聴者が
        試されたり振り分けられたりする作品だったなと感じます。
        娘さんには、あともうだから少しファイト!とお伝えください(笑)
        私もドラマや舞台に限らず演劇関係には疎いので、映美さんのことは
        このドラマで初めて知りました。とても素敵な方だと思っていたけど、
        宝塚出身と知って、あの凛とした美しさにも納得しました。

        雑誌ですが、こういう関係にも私はいつも乗り遅れ気味です(笑)
        ここにきて、またもや雑誌ラッシュですよね。この週末に
        本屋さんに行って来なければ!と思っています。
        ペダルダンスの記事の中、風間くんがとても楽しそうに話して
        いると知って楽しみが膨らみました♪

        「純と愛」もあと一週間。本当に納得のできる終わり方だと
        良いですよね。そして、風間ファンのためにも、
        早めに次の応援の場がやってきてくれることを、
        今か今かと心待ちにしている最近です!
        Comment by ミチヨ @ 2013/03/22 11:26 PM
        コメントする









        このページの先頭へ