<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かぞくきねんび(139話) | main | あいしてる(141話) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    あいしてる(140話)

    0
      愛くんは脳腫瘍。
      しかも、脳幹にまで腫瘍が入り込んでいて、
      手術しても意識が戻らないこともありえるとのこと。

      …もうなんともいえん。


      晴海さんの認知症に関してもそうなんですが、
      病気が題材として物語に入ってくると、感想を書くのが
      とても難しくなってしまいます。
      それは、同じ病と向かいあっている方やご家族が現実の中に
      たくさんいらっしゃるから。そして、きっと本当の意味での
      その辛さをほんの少しも理解できていなであろう自分が、
      憶測や感情だけであれこれ語ることがはばかられてしまいます。
      偽善的かもしれませんけれど…。

      これまで、「純と愛」では様々な不幸が繰り返し描かれて
      きましたけど、そこに共通していたのは、きっと「理不尽」。
      世の中にはたくさんの理不尽があるわけですが、「病」と
      「死」というのは、理不尽の中でも、もっとも理不尽を
      感じるものなんじゃないのかなって思うわけです。
      医学の進歩は目覚しいし素晴らしいけれど、病と死は、
      やっぱり人にもっとも無力を感じさせるものだと思うので。
      だからこそ、「純と愛」の締めくくりに、愛くんの
      死に直結するかもしれない病気をもってきたのかなーと。
      晴海さんの病も、善行さんの死も、愛くんの病も、
      遊川さん的には「生きるということ」を、生きることとは
      一見真逆のように思える病気と死から、逆説的に見せようと
      いうことなのかもしれませんね。
      まあ、いろいろ薀蓄っぽく書いてても、半年かけて
      愛着を持ったドラマの人物たちが辛い思いをすることは、
      仮想世界の出来事とは割り切れないものでもあるんだけれど…(笑)


      誠ちゃんと剛と羽純ちゃんの、いつのまにか三角関係は
      萌えるんだけど、里や編で剛と羽純ちゃんの関係を
      もう少し深めておいてほしかったかもしれない。
      まあ、あの頃のつよきちくんは羽純ちゃんが惚れるような
      男ではなかったかもしれないけれど(笑)
      久々に顔をあわせてみたら、つよきちくんがあまりにも
      男前に変身していて、羽純ちゃんも驚いたのでしょう。
      つよきちくんは元々ハンサムだから、中身が伴ってくれば
      そりゃ女の子にモテモテになっちゃうよね(笑)

      晴海さんが息子たちを愛くんと間違えていたことからは、
      晴海さんが愛くんを心底気にかけていて、愛くんを家族と
      認めていることが表れていましたね。
      誰より愛くんを警戒していたのが晴海さんだったのにと思うと、
      なんだか感慨深いものがある。

      mitiyo * 純と愛 * 21:45 * comments(2) * - * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 21:45 * - * - * -

        コメント

        今日のベッドの愛くんは、
        素敵さが半端なかった。
        なんともいえぬオーラを感じたのは、
        どうしてかしら。

        そして、愛ママの前で泣いたシーンで、
        もらい泣きしました。
        Comment by ねまま @ 2013/03/19 9:52 PM
        ねままさん、私の更新時間が毎日遅いので、
        今日の感想を昨日の記事に書いて頂くことになって
        しまっていてすみません。

        そして、ねままさんは既に私より風間ウォッチャーとしての
        目が鋭くなっているように感じます(笑)
        でも、ベッドの上だけでのお芝居になっていても、
        相変わらず風間くんは表情豊かで、それだけでも観ていて
        飽きなくて、さすがだなって思ってます。
        たぶん、これから最後まで愛くんにそんなにアクティブに
        動く場面はないと思うので、こうなると表情で魅せてくれる
        風間くんのお芝居は一層輝きそうですね。

        今日の感想にも書いたのですが、私も愛くんと多恵子さんの
        シーンには目頭が熱くなりました。好きなんです、あの親子。
        愛くんのあの涙は、多恵子さんが来てくれた嬉しさと、
        純くんに続いて自分までが病気で親を苦しめてしまうという
        申し訳なさがごちゃまぜになった涙だったんでしょうね…。

        涙が出た場面といえば、私は先週の誠ちゃんが浜辺で
        純に気持ちを吐露した場面も切なくて泣けました。
        待田家にはたくさんの切なさがつまっているので、
        やっぱりこちらのエピソードももっと観たかった。
        …て、私最近そればかりだな(笑)
        Comment by ミチヨ @ 2013/03/19 10:26 PM
        コメントする









        このページの先頭へ