<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< かぞくきねんび(138話) | main | あいしてる(140話) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    かぞくきねんび(139話)

    0
      ここ二週間のあまりの順調さと穏やかさは、
      やはり今日のラストシーンへの伏線だったか…。
      もう、純と愛くんがなぜか唐突に糸電話で一部屋挟んで
      会話を始めた時に、嫌な予感満載だったですよ。
      しかも、愛くんの台詞が「幸せだ。もう何もいらない」とか
      これまたベタだしさ。「純と愛」の法則は、最後の最後まで
      健在でしたね…(笑)


      しかし、人の人生に大切な人の死がつきまとうことは
      逃れようのない現実だけど、半年間ヒロインに付き添った
      最愛の夫の生死を最後に描くことは、かなりの挑戦なのでは。
      愛くんの命の危機を描くことの意味はなんなのか?
      愛くんの生死の問題でしか描けないことがあるのか?
      どうかここを上手に描いてあってほしい。
      単なる最後の山場になってしまっては、半年間を共に
      過ごした愛くんの命が天秤にかかるのは、あまりに辛いので。
      …まあ、たぶん危惧ですけれど(笑)。終わり良ければ
      すべて良しという言葉もあるし、どうか胸にストンと
      落ちてくれるような最後であってほしいという
      個人的な願望です。

      それにしても、死んだ純くんのためにも「自分を責めず、
      今を生き、未来を見つめ、幸せになろう」と互いに
      決意しあった直後の待田家に愛くんの病を描くなんて…。
      それが人生かもしれないけれど、なんかきついです。


      多恵子さんと謙次さんが互いに結婚指輪を大切に
      持ち歩いていたのは、今すぐ復縁しなくても
      将来的にはもしかしたら…という希望を残しましたね。
      たとえ復縁しなくても良い関係は保てるかもしれないし、
      なかなかスッキリとした着地点だったかなと思います。
      でもさー、もう少し待田家にも時間を割いてほしかったかも。
      特に純くんに関しては、もっと掘り下げて見せてほしかったと
      思うのは、きっと私が風間ファンだからというだけでは
      ないはずですが…、どうでしょう?(笑)
      来週はひたすら辛いことになりそうですが、そんななかに
      誠ちゃんの恋話があるのは、「愛は見た!」で風間くんが
      書いているように、ホッとできるポイントになりそう。

      ---------------------------------------------------------

      【本日のツボ】

      プレオープンのディナーのテーブルに並んだ料理には、
      ゴーヤがこれでもかと入っていた(笑)
      沖縄料理っていうとイメージするのはやっぱりゴーヤだよね。
      私もゴーヤは好きだけど、もっと好きなのは豆腐よう。

      mitiyo * 純と愛 * 17:01 * comments(5) * - * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 17:01 * - * - * -

        コメント

        出かける時間のため、
        最後の5分ほど見ていないのですが・・。
        もしかして、ざわざわ、、でしたか?
        後で、録画を見ます。

        愛ママ&愛パパの結末、
        私が思ううまくいかないはやっぱりと思ったけど、
        ちょっとだけ幸せな未来を感じました。
        純と愛にはなれない、という愛ママの言葉は
        私にはよくわかりました。
        世の中、それが理解しあえなくて、離婚だの
        家庭内別居になるわけですから。
        愛が永遠でないことは、かなしいかな、
        現実はそのとおりです。
        夢は永遠に続かないです。
        なぜなら、人は変わっていくから。
        夫婦ってずっと同じではいられないんです。

        このドラマがどの問題もやはり、
        現実をさらりと、
        おおっぴらに語ることがない本音で語るところに
        真実味があります。

        もし、ざわざわが本当になったとしたら、

        愛するものをしなったとき、
        残されたものはどうするか?
        最後の真実がまたひとつ、
        私たちの前に提言されることになりますね。

        残されたものがどう生きていくのか?
        悲しみを乗り越えることで見えるものはなんなのか?
        最終回まで頑張って見届けないといけません。

        死を語ることは、死を考えることは、
        生きることも真剣に考えないといけません。
        テーマとして、生きることを問うには、
        死にも正面から向かわないといけないでしょう。

        これから最後の5分見ます。
        見当違いのコメントだったらごめんなさいね。








        Comment by ねまま @ 2013/03/16 11:28 PM
        愛くんの生死の問題を持ってくることの意味。
        私の感想を書いてみます。

        人はいちばん大事な人を奪われたとしても、
        命あるものは生き続けなければいけない。

        ただそれだけじゃないでしょうか?

        多くの人が突然日常を失った。
        たくさんの人が亡くなり、生きるささえを失ってもなお、
        人は生きようとする強さがある。

        愛くんを失うことで、純がどう生きていくか。
        愛くんはそれでも存在し続けるということ。
        その姿を見せることによって、
        最後に、そんなメッセージを残してくれるのではないかと思っています。

        いろんな小さなテーマを盛り込みつつ、
        実に雄大な大きなテーマですね。
        しっかとこの目で、最後まで考えながら見たいと思います。




        Comment by ねまま @ 2013/03/18 3:32 PM
        こんにちは♪
        いやいや、今週はいろいろ大変な週になりますが、結末知ってる私は展開がどうなるかを匂わせないように書かないと、です^^;
        今までの連続テレビ小説って、最終回より少し前にクライマックスがあった感じですが、ノベライズ読んだ限りでは、間違いなくこれは最終回がクライマックスに違いない!そこ外したらあきまへん、ということだけは言えます。
        辛い話になりますが、最後まで見て下さいねー!って私が言うまでもなく、皆さんご覧になるとは思いますけど^^
        Comment by まきまき @ 2013/03/18 5:11 PM
        ねままさん、お返事遅くなりすみません。
        私の疑問に対してのねままさんの感想を
        聞かせてくださってありがとうございます!
        実はね、土曜日の感想については結構感情的に
        書いた部分もあるんです。最後くらい幸せでもいいのに、
        ここで愛くんの生死をもってくるなんて〜!と(笑)

        土曜日に多恵子さんが「未来を見つめなさい。
        今を行きなさい。幸せになりなさい」と愛くんに
        言っていましたよね。そして、最後に「それが
        残された者の責任だ」とも。
        きっと、半年かけて描いてきた「純と愛」で遊川さんが
        言いたかったことは、この言葉に凝縮されているんじゃ
        ないのかなって思ったりはしていました。
        そして、それはきっとねままさんの「人はいちばん大事な人を
        奪われたとしても命あるものは生き続けなければいけない」
        という感想と同じことを指しているなんだろうなと感じます。
        大切なものを失っても、人には再生する力と生きる力があると
        いうことが「純と愛」のテーマなのかもしれませんね。

        >いろんな小さなテーマを盛り込みつつ、
        >実に雄大な大きなテーマですね。

        毎日の小さなことの積み重ねが人が生きるということで、
        その積み重ねの中にこそ雄大なテーマがあるってことですよね!
        それでも、やっぱり愛くんのことは辛いんだけど、
        もちろん最後までしっかりと見届ける所存です!

        >死を語ることは、死を考えることは、
        >生きることも真剣に考えないといけません。

        土曜日のこの感想、とても素敵な言葉でした。
        いつも染み入る感想をありがとうございます!
        Comment by ミチヨ @ 2013/03/18 9:48 PM
        まきまきさん、こんにちは!
        先の展開がわかってらっしゃると、感想を書いてくださるにも
        難しくなってしまう部分が出てきますよね(笑)
        ネタバレを避けつつのコメントありがとうございます。

        しかし、やはり今週もいろいろと大変なかんじなんですねえ。
        心構えはしながら観ているつもりですが、更に気合も追加して
        これからラストまで観ていきたいと思います!(笑)
        そして、最終回がまさにクライマックスなのかー。
        そこを外してはいかん!と仰っているまきまきさん的には、
        ノベライズでの最後をどんなかんじに受け止めたのでしょう?
        でも、ノベライズと映像では、展開は同じでも演出などで
        いろいろ違う点もあると思うので、そういう意味では見応えも
        倍になりそうですね。また、最終回を迎えた後に、
        まきまきさんの感想も聞かせてください!
        あ、もちろん、最終回前でも、いつでも遊びにきてくださいね(笑)
        Comment by ミチヨ @ 2013/03/18 9:56 PM
        コメントする









        このページの先頭へ